ネットと副業

副業が本業の収入を大きく超えたので会社やめました

WordPress カテゴリーの親子関係

投稿日:

WordPressの投稿記事にはカテゴリーを付与することができます。
カテゴリーの基本機能としては、カテゴリーを選ぶとそのカテゴリーが付与された記事一覧を表示することができることです。

 

親子関係をつくる

カテゴリーには親子関係をつくることができます。
わたくしの場合はこんな感じで。

子カテゴリーの、固定ページ・カテゴリー・プラグインがありまして、それぞれは大きく括るとWordPressというカテゴリーになるわけです。

先ほどお伝えしたとおり、カテゴリの機能としては、そのカテゴリーが付与された記事をまとめて一覧表示できるってのがありますが、親カテゴリーを選択するとすべての子カテゴリーが付与された記事が一式ごそっと登場します。

WordPressでカテゴリー選択したら、子カテゴリーの記事もいっしょに表示されます。

 

新しくカテゴリーの親子関係を構築

新しくカテゴリーを作成する際に親子関係を構築するには、カテゴリーを作成する際に親を選択してください。

 

投稿ページから直接カテゴリーを作成する場合も同じです。

人間の親子と同じで、親がいなけりゃ子はつくれませぬ(o o)
先に親カテゴリーを作っておいてから子カテゴリーをつくります。

 

親子関係を解消する

子が親から独立し、親子関係を解消することもできます。
カテゴリー編集画面から、親をなしにして更新します。


一つの大きな枠でくくったカテゴリーだけで記事を増やしていっても良いですが、記事が増えていくとカテゴリーが細分化されていたほうが記事を探しやすいことがあります。

例えば料理レシピの記事を書いていくとしましょう。洋食・和食という大きなカテゴリーだけで記事を増やしつづけていきます。洋食レシピ記事が10本程度なら、洋食一覧だけで全部見る気にもなれますが、洋食関連記事が100本、200本になってくると、読者側からするともっと細かく分類してほしいですよね。パスタとかスープとか肉料理とか。洋食といってもいろんなカテゴリーがあります。レシピを探す側は、洋食なんてキーワード探すことは稀です。パスタとか肉料理とか。もっと細かくするならトマトパスタとかバジルパスタとか。

自分のサイトをつくっていく上で、「この投稿はどういうカテゴリーなんやろ?」ということも考えて書くことで、読者側がカテゴリーでまとめて記事を見たいときに、記事を探しやすくなります。

自分のサイトがどういうサイトで、読者にとってどういう状態なら閲覧しやすいか?ということを想像することも大切ですね。

-

執筆者:

関連記事

no image

気づかぬうちにvideoblocksとかっていう動画サイトから請求されとったからキャンセルした

あわてて、キャンセルしやした( ;゚Д゚);; videoblocksっつう動画素材サイトがあるんです。毎月一定額の料金を支払うと、動画素材をダウンロードできる海外の素材サイトなんです。 つい最近、動 …

no image

《WordPress》セキュリティ対策のためにconfigファイルを変更しよう!!

WordPressというのは、セキュリティ面でなんだかちょいと不安です。 個人でサーバ借りてブログやって楽しむだけなら、何かあっても「あちゃーやられてもーたー( TДT)」ですみますが、これが会社のホ …

no image

WordPressのかんたんインストール方法

  人とはちがうブログやりたいとか、自分の好きなようにブログをカスタマイズしたい、ていうとたいていWordpressにいきつきますね。 サーバーかりなきゃいけないんで、アメブロとかseesaaブログと …

no image

《iPhone》インスタアップにも効果的!カメラアプリのオススメ《ProCamera》

スマホカメラ撮影上手ってわけでもないんですが、いちおう写真には気を使ってます。 「私は写真を撮るのがうまい」という意味ではございませぬ(σ´・(ェ)・) iPhone純正のカメラでも、自動的にうま〜く …

no image

まじか!もう光学ディスクの時代はおわた。Adobe Encoreはcs6まで

改めて実感しました。 お仕事で動画を制作するのに、AdobeのAfterEffectでベースをつくって、Premiereで最終処理したわけです。最終的な納品形態にDVDを指定されて、ちょっと動揺。デー …