ネットと副業

副業が本業の収入を大きく超えたので会社やめました

社会問題

オフィスに出社しないという働き方がうらやますい

投稿日:

20161203

最近、ニュースなどでしきりに「テレワーク」という言葉が出るようになりました。オフィスに出勤することにとらわれずに、自宅などで仕事をしていくスタイルのことです。

有名どころでは、リクルートホールディングスが2015年10月から、全社員を対象に在宅勤務制度を導入しました。うらやますいです(´・ω・)

 

こちらはカナダのTELUSという会社の記事


今のところ、日本のほとんどのオフィスでは、個人それぞれにデスクが割り当てられていて、毎日そこに向かって出勤することが一般的でしょう。このTELUS社では、5割の人が在宅勤務して、オフィスのデスクを使う場合は予約がいるという、びっくりシステムです。こんなオサレで素敵なオフィスなら、逆に楽しくて会社に行きたくなっちゃいますが…

 

日本で在宅勤務が浸透しなさげな…

 

TELUS社の記事でネックとなるのはこの言葉

オフィスにどのくらいいたかではなく、何を会社にもたらしたか、で評価されます。

これが日本の企業ではなかなか難しいのではないでしょうか?

システム的には可能だと思います。勤務時間ではなく、業績評価にして会社に出社しなくても評価できればOKなわけです。
問題なのは、日本企業にはびこる「勤勉に毎日無遅刻無欠勤で、長時間働いてこそすばらしい」という「古き良き」文化、無言の空気感というか風土があること。
どれだけシステムが整っても、この日本独特の「空気を読め」感から抜け出さないことには、在宅勤務制度の浸透は難しそうです。

だってそもそも、主な国の中で有給消化率はドベから2番目。

有給休暇というシステムが法律で決まっているのにもかかわらず、この消化率の悪さ。これも、「え?有給とれると思ってるの?」みたいな空気。

 

この風土が変わらない限り、在宅勤務制度は一部の人が利用するにとどまりそうですね。

 

ただ、一縷の望みとして、在宅勤務制度が浸透すれば、「通勤ラッシュが解消される」とか「通勤渋滞が解消される」など社会的に明確なメリットがある点です。

 

 

ホント、毎日の通勤時間て、無駄ですよね…(´ω`)・・トホー

-社会問題

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

配偶者扶養の新たな壁-82万円の壁-

年金制度はもはや崩壊ですね…われわれの老後はどうなってしまうのやら… 政府は今後の年金改革で、年金の支給開始年齢を現行の65歳から70歳にまで引き上げる案も検討しているようです。 年金の支給開始年齢が …

名古屋地下鉄の無料貸し出し傘「友愛の傘」が戻ってこないという

 毎日新聞名古屋「友愛の傘」:無料貸し出し12万本 なぜか戻らず – 毎日新聞   名古屋市営地下鉄の駅構内で、無料貸し出ししている傘「友愛の傘」ニュース。 54年間続いていて、こ …

佐川急便さん、2016年は大変でしたね。佐川さん事件簿

最近、佐川急便からみのニュースが多いですね。   2、3年前は、イケメンで筋肉質、そしてさわやかな佐川男子が人気になって、写真集まで出るほど話題になっていましたが、今年はちょっと逆風です( …

ちきりん 自分の時間を取り戻そう

時間に対する認識を変えるために読む本 -自分の時間を取り戻そう ちきりん-

ちきりんさん著『自分の時間を取り戻そう』 「なんだかいつもバタバタしていて、あっという間に1日が終わってしまう。」 「毎日、残業しないとなんだか働いた気にならない」 「仕事が多すぎて、残業なしでは追い …

WORKSHIFT

『WORK SHIFT』 読みまして、未来に向けて考えを改めようかと

『LIFE SHIFT』がベストセラーになっている昨今、 今更ですが、リンダ・グラットン著『WORK SHIFT』読みました。 けっこう分厚い本でして、文字びっしり系で400ページ。さすがに内容を全部 …