ネットと副業

副業が本業の収入を大きく超えたので会社やめました

社会問題

週刊文春のユニクロ記事を読んだけど、いまいちでした…

投稿日:2016年12月3日 更新日:

ユニクロ帝国光と影

2016年12月8日号の週刊文春に、ユニクロに関する記事が掲載されました。タイトルは

「ユニクロ帝国の光と影」

そそるタイトルですね(笑)

「ユニクロの現場で働く人たちがいかにブラックな環境におかれているか?」を明るみにすることが目的だと思われます。

 

なぜこの記事を読みたいと思ったか?

ネットのニュースで、この記事が文春に掲載されることを知って、単純に「何が書かれてるかきになる!」て思いました。

一番の気になるポイントは、取材のされ方がぶっ飛んでたこと。

 

ジャーナリストの横田増生さんが、1年間実際にユニクロで働いてみて、その状況を実際に記事にされています。

 

なかなかそんなことできないですよね!1年間ですよ!1年!ユニクロの内情というより、1年間潜入取材してどういう記事ができるのか?ということの方が気になっちゃいました。

 

ユニクロと裁判沙汰になった横田増生さん

横田さんとユニクロの過去にも興味をそそられました。

横田さんは2011年に「ユニクロ帝国の光と影」という本を文芸春秋から出版します。この本の内容をめぐって、ユニクロ側から名誉毀損で二億二千万円の損害賠償を請求される裁判沙汰に。(訴訟相手は、出版元の文藝春秋)

 

結局、最高裁でユニクロの上告が棄却され、2015年に文藝春秋の勝訴が確定。

 

ユニクロの仕事がブラックだなんだって騒がれたのってこの頃ですよね。
その後、雑誌の取材で、ユニクロ柳井社長が

悪口を言っているのは僕と会ったことがない人がほとんど。会社見学をしてもらって、あるいは社員やアルバイトとしてうちの会社で働いてもらって、どういう企業なのかをぜひ体験したもらいたいですね
週刊文春2016年12月8日号より。元の取材記事は雑誌「プレジデント」の2015年3月2日号

という発言をし、それを見た横田氏は潜入取材を決意するのです。

 

忙しいサービス業ってそんなもんじゃない?

・・・というのがこの記事を読んだ率直な感想です。

記事のメインになるのが、2016年11月末に行われたユニクロの感謝祭というキャンペーン期間のものです。
ユニクロほどの人気アパレルで、年末の感謝祭という安売りキャンペーン期間、しかもこの期間に横田氏が取材した(働いていた)店舗が東京新宿のビックロ。

 

そりゃ人手不足にもなるわ。

って思っちゃいます。

 

多少バイト・パートさんに多めに出勤してもらいつつ、ユニクロでいう感謝祭などのキャンペーン期間にドガーンと売り上げてこそ、平時のほとんど売れない時期があっても、きっちりお給料がもらえるんじゃないですかね。

 

こういう感覚がダメなんすかね?ブラックを助長しちゃうんでしょうか?

 

 

記事は2号に渡っていて、まだ続きがあるようなので、それも合わせて読んでみたいです。

-社会問題

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ちきりん 自分の時間を取り戻そう

時間に対する認識を変えるために読む本 -自分の時間を取り戻そう ちきりん-

ちきりんさん著『自分の時間を取り戻そう』 「なんだかいつもバタバタしていて、あっという間に1日が終わってしまう。」 「毎日、残業しないとなんだか働いた気にならない」 「仕事が多すぎて、残業なしでは追い …

名古屋地下鉄の無料貸し出し傘「友愛の傘」が戻ってこないという

 毎日新聞名古屋「友愛の傘」:無料貸し出し12万本 なぜか戻らず – 毎日新聞   名古屋市営地下鉄の駅構内で、無料貸し出ししている傘「友愛の傘」ニュース。 54年間続いていて、こ …

WORKSHIFT

『WORK SHIFT』 読みまして、未来に向けて考えを改めようかと

『LIFE SHIFT』がベストセラーになっている昨今、 今更ですが、リンダ・グラットン著『WORK SHIFT』読みました。 けっこう分厚い本でして、文字びっしり系で400ページ。さすがに内容を全部 …

no image

週刊文春のユニクロ潜入記事のつづきを読みまして

週刊文春2016年12月15日号掲載 前号から2週連続で掲載された、ユニクロ潜入記事のつづき読みまして。 前号の記事は「ユニクロの感謝祭シーズンって忙しいよね」的な、キャンペーンシーズンに忙しくなるユ …

オフィスに出社しないという働き方がうらやますい

最近、ニュースなどでしきりに「テレワーク」という言葉が出るようになりました。オフィスに出勤することにとらわれずに、自宅などで仕事をしていくスタイルのことです。 有名どころでは、リクルートホールディング …