ネットと副業

副業が本業の収入を大きく超えたので会社やめました

経済的なこと

セブンとファミマ162円の壁

投稿日:2016年11月29日 更新日:

セブンイレブンVSファミマ162円の壁
わたくし、コンビニ大好きです。もうコンビニがないと生きていけません。

「田舎に移住してゆっくり暮らそう」的スローライフ最高な風潮が、昨今の日本社会にありますが、そんな田舎の風景をテレビやネットで見るたびに、

「いやぁ…….コンビニねぇじゃん…無理…」

と感じます。

コンビニLOVEですが、数字に弱いわたくしにとってとても面白い記事がありました。
ほほう、と楽しく読んじゃいました。

 

ファミリーマートががサークルKを統合し、セブンイレブンとローソンを入れて3強時代に突入したコンビニ競争。店舗数1位2位のセブンイレブンとファミリーマートの数字の差を、わかりやすく解説してくれています。
1日の平均日販という数字からから、来店1人あたりの単価差を導き出すと、セブンとファミマには1人162円の差があるという結論に。

小学生でもできる「割り算」だけで、平均日販という小難しい、まるで遠い世界のキーワードから、「お客さん1人162円の差」という数字にしてくれると、身近に感じられて面白いですね。コンビニで1人162円の差って結構大きいですよね。

まぁ、ゆうても、売上を基本にしてるお話なもので、やれ人件費やら、家賃やら、セブンにいたっては店内の商品のほとんどがPBで減価率が違うやらで、細かいところでいろいろ差はもっとあるのでしょう。

 

で、セブンチームVSファミマチームの、この162円の差
品揃えとか、店員さんの良し悪しとか、ブランドイメージとか、ではなくこれにつきると思います。


セブンの食べ物は何食ってもうまい!!

 

最近で一番ちびりそうなくらい美味かったのは、わらび餅です。あれは、何なんでしょう?本格和菓子屋もびっくりのわらび餅です。
セブンコーヒーも毎日飲んでます。まじ美味い!セブンの新商品を食べるたびに、「いったいこの会社の商品開発チームは、どんな優秀な人たちの集まりなのだ…ゴクリ…」と戦々恐々とします。さらに、棚に並ぶ商品たちは、かなりコンスタントに新商品が投入されて、いつ行っても飽きないです。しつこいですが、それがことごとく美味い。

はっきり言って、日本中にあるコンビニがぜんぶセブンになればいいのに、とも思ってます。

だって美味しいから。

1人162円の差はここでしょう。

あー、わらび餅食べたい…

-経済的なこと

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

サッカーワールドカップ FIFAのおそロシアな収益

日本がコロンビアに勝利して、がぜん盛り上がっております、サッカーW杯。 わたくしも御多分に洩れず「今の日本がコロンビアに勝てるわけねーだろ」とW杯には冷め気味だったのですが、前半3分のレッドカードとP …

配偶者扶養の新たな壁-82万円の壁-

年金制度はもはや崩壊ですね…われわれの老後はどうなってしまうのやら… 政府は今後の年金改革で、年金の支給開始年齢を現行の65歳から70歳にまで引き上げる案も検討しているようです。 年金の支給開始年齢が …

Bitcoinとブロックチェーン技術のお勉強中

ここ半年くらいでBitcoinのニュースを目にするようになりましたね。それだけBitcoinを記事として扱うサイトが増えたということでしょうか。 わたくしも、2017年の間にBitcoinのなんとなく …

コンビニドーナツ戦争がひと段落してもミスドは売り上げ落ちる

ドーナツ大好きです。ドーナツ食べてコーヒー飲むとほっこりする、あの感じ。なんでしょうね。ケーキや和菓子にはない感じです。 さて、2016年の記事ですが気になってたこちら。  市況かぶ全力2階 …

労働だけでは稼げない時代の到来

トマ・ピケティという人物を知ってますか? フランスはパリ経済学院の経済学の教授で『21世紀の資本』という本を執筆しベストセラーになりました。 彼は『21世紀の資本』中でこれまでの資本主義経済の常識を破 …