ネットと副業

副業が本業の収入を大きく超えたので会社やめました

社会問題

佐川急便さん、2016年は大変でしたね。佐川さん事件簿

投稿日:2016年12月30日 更新日:

最近、佐川急便からみのニュースが多いですね。

 

2、3年前は、イケメンで筋肉質、そしてさわやかな佐川男子が人気になって、写真集まで出るほど話題になっていましたが、今年はちょっと逆風です(;´Д⊂) 。

 

事件簿その1「荷物ぶん投げ騒動」

2016年12月末の事件から。
佐川急便の配達員が、客の荷物を地面に投げつけている動画がネットに出回り問題に。
↓この動画(リンク切れてたらゴメンなさい(´・ω・)スマソ)

この配達員は特定されていて、会社の調べに対して「いろいろイライラしてやった」と認めておるそうです。

配達のお仕事されてる方とかお掃除のお仕事される方って、どちらかといと下にみられる傾向があるので、配達先のお客に何か嫌なことでも言われたのでしょうか…

とはいえ、配達する物はお客様の物ですから、投げつけてストレス発散するのはダメです(`・ω・´)キリッ自分が発送したり自分が受け取る予定の物だったら、そうとう嫌な気分になります。
ストレス発散するなら、バッティングセンターかカラオケでお願いします。

 

 

事件簿その2「代引き料金書き換え上乗せ事件」

2016年12月初旬の事件。代引きの金額が書かれた伝票を上から書き換えて、料金をちょろまかそうとした事件。

@MASAYA_COKESさんがTwitterにアップして事件が発覚しました。

やっちまってますね。6を8に書き換えるって。考えがセコイです。明るみになっていないだけで、もしかして過去に同じことがあったかもしれませんね。受け取った方が伝票の書き換えに気がつかなかったりして…

 

 

事件簿その3「違法駐車 身代わり出頭事件」

2016年11月に発覚した事件。一番気になってたのが、この事件です。

佐川急便の配達員が駐車違反を身代わり出頭させていました。
気になるポイントは、

  • 駐車違反をとられたのは配達中だった
  • 発覚したのが東京都内のこと
  • 駐車違反が会社にバレると人事評価がさがる
  • 身代わりの人に謝礼金を渡していた。

という点。

交通違反を身代わりに出頭させるのは、法律に反しているし謝礼金を渡しているとなると悪質な印象もあるので、悪いことは悪いと思います。

でも、ちょっと厳しすぎじゃないすか?
厳しすぎると思うのは、身代わり出頭に対する罰ではなく、駐車違反についてです。
駐停車禁止の場所であれば、車を停車させれば問答無用で違反です。駐車禁止の場所であれば、5分以内の荷物の積み降ろしや人の乗降ならOKで5分以上はアウトです。

都心の場合、駐車禁止じゃない道路など皆無です。さらに、10階建て前後かまたはそれ以上のオフィスビルがほとんど。佐川急便のような配達の業務で、5分以内に任務完了しろというのは酷な気がします。荷物をただ積み下ろすだけならまだしも、オフィスに集荷という業務もあるわけです。仮に10階建てで各階に3社ずつオフィスが入ってたとして、30社です。単純計算しても1社10秒しか使えません。。。

 

法人契約の場合、ヤマトの場合もあるので1つのビルの中のオフィス全てにに回るということはないでしょうが…

せめて、10分!!荷物の積み降ろしの場合、10分まではOKにしてもいいのではないでしょうか?

今回の佐川急便の身代わり出頭事件について、わたくしはその点が一番きがかりえです。一生懸命走り回ってる佐川の配達員さんを見て、そんなことを感じました。
身代わり出頭がこの事件の根本ではなく、違法駐車の基準が配達員さんのお仕事の現実と合ってないのではないでしょうか。

-社会問題

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

配偶者扶養の新たな壁-82万円の壁-

年金制度はもはや崩壊ですね…われわれの老後はどうなってしまうのやら… 政府は今後の年金改革で、年金の支給開始年齢を現行の65歳から70歳にまで引き上げる案も検討しているようです。 年金の支給開始年齢が …

オフィスに出社しないという働き方がうらやますい

最近、ニュースなどでしきりに「テレワーク」という言葉が出るようになりました。オフィスに出勤することにとらわれずに、自宅などで仕事をしていくスタイルのことです。 有名どころでは、リクルートホールディング …

名古屋地下鉄の無料貸し出し傘「友愛の傘」が戻ってこないという

 毎日新聞名古屋「友愛の傘」:無料貸し出し12万本 なぜか戻らず – 毎日新聞   名古屋市営地下鉄の駅構内で、無料貸し出ししている傘「友愛の傘」ニュース。 54年間続いていて、こ …

変わりつつあるラブホテルは消滅しちゃうの?

時代ですね。 俗にいう、ラブホテルといわれる施設が様変わりしているそうです。  東洋経済オンラインラブホテル業界で急速に進む「二極化」の実態 | レジャー・観光・ホテル 「少子化のせいだ」と …

ちきりん 自分の時間を取り戻そう

時間に対する認識を変えるために読む本 -自分の時間を取り戻そう ちきりん-

ちきりんさん著『自分の時間を取り戻そう』 「なんだかいつもバタバタしていて、あっという間に1日が終わってしまう。」 「毎日、残業しないとなんだか働いた気にならない」 「仕事が多すぎて、残業なしでは追い …