ネットと副業

副業が本業の収入を大きく超えたので会社やめました

世の中のこと

引きこもりの問題を解決したい。気持ちだけ…

投稿日:

AbemaTVの平日夜のアベマプライムという報道番組、久しぶりに観ておりましたら、引きこもり問題について特集しておりました。

私も過去、会社に行くのが嫌になって会社を辞めて自宅にじっとしていたことがあります。
私の場合は数日後には外に出たくなったので、就活して仕事を開始し社会復帰しております。

人付き合いってめんどうですよね〜…今だに思います。
内閣府の調査では、引きこもりの数は70万人いるとも言われております。
前述のアベマプライムでも触れられておりましたが、数の多さだけでなく、引きこもりの高年齢化、そして引きこもりを支える親世代の高齢化が大きな問題になっております。

日本は労働力不足で、どの業界も求人に困っております。その一方で引きこもりといわれる就労していない人が70万人いるわけです。だったらその引きこもりの人たちになんとか就労してもらえれば、人手不足問題も多少解決するのでは?て思いますよね。
わたくし専門家ではないので、なんとも言えない部分もありますが、引きこもる事情も千差万別、精神的な障害のお持ちの方もいらっしゃったり、ただ人付き合いが嫌だったり。だから「世の中楽しいこともあるぜ!引きこもってないて働こうぜ!」みたいなノリでは解決できんわけです。

引きこもりのためのお仕事サイト

を、つくるってのはどうでしょう?
企業側は、引きこもりの方でもできるお家でネットさえつながればできる作業や仕事の情報を掲載。引きこもりの方は、いきなり社会復帰などハードル高すぎなので、まずは引きこもりを継続しつつできる仕事からはじめる。

企業側はできれば、1作業につきお支払いしてほしいですね。ランサーズのもっと気楽な感じのイメージです。

引きこもりの方も、1作業ごとにお金がもらえることで自分が社会に入っていけるというか戻れる実感を感じられるメリットがあります。

一方で、あまりこの作業で引きこもりのままずっとやっていけるやん、と思われても困るので、初回のエントリーからエントリーできる回数の上限を設定して、その上限に達したらつぎのレベルの仕事の範囲しかできなくなる仕組みが必要ですね。

 

自分は幸運にも、PC一台でお仕事ができておりそこまで人とと絡まなくても稼げるようになりましたが、自分はあまり人付き合いが得意ではないので、引きこもりの方の気持ちもよくわかるつもりです。

つらいことも多いですが、楽しいこともいっぱいあるので引きこもり脱出してほしいなぁと願うばかりです。

-世の中のこと

執筆者:

関連記事

労働だけでは稼げない時代の到来

トマ・ピケティという人物を知ってますか? フランスはパリ経済学院の経済学の教授で『21世紀の資本』という本を執筆しベストセラーになりました。 彼は『21世紀の資本』中でこれまでの資本主義経済の常識を破 …

どんなに苦境でも強い願望を持ち続ければ成功できる

アメリカはシカゴで有数の老舗デパートであるマーシャルフィールドをご存知でしょうか。 Marshall Field (マーシャル・フィールド)という人物が1865年に創設しました。 ところが1871年に …

no image

地代て?家賃と税金について

ちょいと知り合いとおしゃべりしていたところ、地代というキーワードが出まして、その時は、心の中で、(….地代てなんだ?)と思ったものの、(まあ家賃みてーなもんやろ・・・)と知ったかぶりしてし …

お金持ちになるための6つの方法

お金持ちになりたい、成功したい、と思うなら強くそのことを願わなくてはいけません。 そして、お金持ちになれると自分で確信することが重要です。お金持ちになった自分を頭の中ではっきりと想像すること、本当にお …

自分の能力以上のものを発揮する簡単な方法

ある将軍についての逸話があります。 その将軍は戦場で、圧倒的な数に勝る敵軍と対峙し戦わなければなりませんでした。 どう考えても自分の軍の兵士の数に対して、敵の数は数倍はあり勝てる見込みはありません。 …