ネットと副業

副業が本業の収入を大きく超えたので会社やめました

社会問題

週刊文春のユニクロ潜入記事のつづきを読みまして

投稿日:

週刊文春2016年12月15日号掲載 前号から2週連続で掲載された、ユニクロ潜入記事のつづき読みまして。

前号の記事は「ユニクロの感謝祭シーズンって忙しいよね」的な、キャンペーンシーズンに忙しくなるユニクロの仕事、くらいの内容にがっかりしまして、「2週連続掲載ってことは、2週目なにか大暴露があるのかも!」なんて期待しましたが、結局2週目もがっかりでした。

「ユニクロ帝国の光と影」と題されたこの連載ですが、影の部分はどこいっちゃったんでしょう…(*´・ω・)

2週目の記事内容としては、ユニクロ潜入記事掲載の週刊文春が発売された日、潜入取材していた横田さんが、潜入がバレてバイトを解雇される1日を追ったドキュメンタリー、というところでしょうか。

ファーストリテイリング本部の人事担当が店にやってきて、記事のことを聞かれ、退職する意思はないかと聞かれ、そして論旨解雇される。そんなことは関係なく、今日もお店は大忙し…

潜入取材という方法。

記事の内容はどうあれ、横田さんが1年以上も本名を隠してユニクロでバイトとして働いて潜入取材をするということに、驚きを覚えました。経営者を目指す人が、ノウハウを学ぶために人気の店などでバイトとして働くっていうのは聞いたことありますが、取材で実際働いてみるという本気度がすごいです。

ほかの企業のことも記事になるのなら是非見てみたいです。広告代理店とか大手新聞社とかテレビ局とか病院とか。そういう仕事につかないと見れない現場って見てみたいですね。ただ、悪いことだけじゃなく良いことも。

 

潜入取材があなたの会社だったらどうしますか?

逆に、
もし、自分の会社に知らないうちに潜入取材が入られていたらどうしますか?
横田さんの場合、潜入取材発覚後、ファーストリテイリング側は論旨解雇という形をとりましたが、あなたの会社ならどうでしょう?
厳しめの懲戒解雇にしますか?それとも、そのまま働いてもらいますか?

会社の労働規則によるところもあるでしょうけども。

今回、そこまでではなかったものの、ここまでネットで拡散される社会になると、雑誌だろうがネットだろうが、ネガティブなことを書かれて、それが注目されると、どうしてもその点だけがピックアップされてネットで拡散されて一人歩きして、伝言ゲーム式に尾ひれがついて大炎上になりかねないなぁと。あることないこと書かれて言われて。

横田さんのユニクロの記事の場合でも、店が人手不足で忙しくてまわらないし、ミスすると上長からの怒号が飛ぶし、働くには辛い会社だ、みたいな面が押し出されていますが、ユニクロという安価である程度質のいい服を家の近所で購入できて嬉しい人や、ファーストリテイリングという企業が雇用を生み出しているのも事実なわけで。

となると、むやみに会社のイメージをマイナスにするような動きをされると、ましてや週刊誌に記事を掲載するような記者ともなれば解雇というのは企業としては妥当な選択ではないでしょうか。

-社会問題

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ちきりん 自分の時間を取り戻そう

時間に対する認識を変えるために読む本 -自分の時間を取り戻そう ちきりん-

ちきりんさん著『自分の時間を取り戻そう』 「なんだかいつもバタバタしていて、あっという間に1日が終わってしまう。」 「毎日、残業しないとなんだか働いた気にならない」 「仕事が多すぎて、残業なしでは追い …

ユニクロ帝国光と影

週刊文春のユニクロ記事を読んだけど、いまいちでした…

2016年12月8日号の週刊文春に、ユニクロに関する記事が掲載されました。タイトルは 「ユニクロ帝国の光と影」 そそるタイトルですね(笑) 「ユニクロの現場で働く人たちがいかにブラックな環境におかれて …

佐川急便さん、2016年は大変でしたね。佐川さん事件簿

最近、佐川急便からみのニュースが多いですね。   2、3年前は、イケメンで筋肉質、そしてさわやかな佐川男子が人気になって、写真集まで出るほど話題になっていましたが、今年はちょっと逆風です( …

名古屋地下鉄の無料貸し出し傘「友愛の傘」が戻ってこないという

 毎日新聞名古屋「友愛の傘」:無料貸し出し12万本 なぜか戻らず – 毎日新聞   名古屋市営地下鉄の駅構内で、無料貸し出ししている傘「友愛の傘」ニュース。 54年間続いていて、こ …

WORKSHIFT

『WORK SHIFT』 読みまして、未来に向けて考えを改めようかと

『LIFE SHIFT』がベストセラーになっている昨今、 今更ですが、リンダ・グラットン著『WORK SHIFT』読みました。 けっこう分厚い本でして、文字びっしり系で400ページ。さすがに内容を全部 …