ネットと副業

副業が本業の収入を大きく超えたので会社やめました

WordPress投稿するときにカテゴリーをつけよう

投稿日:

無料のブログサービスではあたりまえの機能ですが、WordPressにも記事投稿にはカテゴリーをつけることができます。

記事には何かしらのカテゴリーをつけて投稿します。

 

なぜカテゴリーをつけるのか?

記事にカテゴリーをつけて投稿することによって同じカテゴリーの記事は仲間と判断されます。

記事の読み手が同じカテゴリーの記事を読みたいと思ったときに、簡単に同じカテゴリーの記事だけまとめて読むことができます。これが記事にカテゴリーをつける一番の理由でしょう。

もう一つ。
WordPressは同じカテゴリーの記事だけを集めて一覧にできる素敵な機能が備わっています。日記を書くだけのサイトにするならそこまでの機能は必要ないかもしれませんが、自分の得意な分野についての記事を書いていくなら必ずカテゴリーで分類できると、Webサイトとしてはかなり面白いことができるようになります。

ですので、記事を書いたらカテゴリーをつけるように習慣づけましょう。

 

カテゴリーのつけ方

記事投稿画面の右側にカテゴリー欄があって、その記事に関連したカテゴリーにチェックを入れて公開するだけです。


WordPressをインストールした最初は、カテゴリーが未分類だけなので、新規カテゴリーを追加で自由にカテゴリーを追加していきましょう。
新規カテゴリーを追加を押すと空欄が出るので、好きなカテゴリーを入力して追加します。


SEO
という名前のカテゴリーを追加してみましょう。SEOを入力して、新規カテゴリーを追加をします。

記事にSEOというカテゴリーがつけられた例

↑この記事のように、複数のカテゴリーをつけることも可能です。
GoogleSearchConsoleSEOという二つのカテゴリーがついています。

まぁ、これだけだと、カテゴリーをつける絶対的な意味がなさそうに思います。しかし、どんどんWordPressの機能を知っていくと、カテゴリーというものが重要なんだなー、ということが分かると思います。

ですので!記事を投稿するときはカテゴリーをつける!ということを意識しておきましょう!

-

執筆者:

関連記事

佐川急便さん、2016年は大変でしたね。佐川さん事件簿

最近、佐川急便からみのニュースが多いですね。   2、3年前は、イケメンで筋肉質、そしてさわやかな佐川男子が人気になって、写真集まで出るほど話題になっていましたが、今年はちょっと逆風です( …

リスクをとらないと大きく稼げないことがわかる図

昨年も美味しい儲けばなしにのっかって、騙された人が多数でたニュースが話題になりました。 「スマホで写真を撮るだけで、簡単に楽して月数万円儲かる」というようなふれこみでした。で、その儲けるためにシステム …

no image

デザインはすべて言葉にはできない

テクノロジーの進化によって、人がおこなう仕事がなくなっていく、というようなことが言わるようになって久しいです。 コンピューターやロボット、パソコンができる作業は人がやる必要がなくなる社会に変わってきて …

no image

WordPressのかんたんインストール方法

  人とはちがうブログやりたいとか、自分の好きなようにブログをカスタマイズしたい、ていうとたいていWordpressにいきつきますね。 サーバーかりなきゃいけないんで、アメブロとかseesaaブログと …

no image

マーケティングの基礎は「伝える」ということ

マーケティングというと、セグメンテーションやらターゲティングやら、こむずかしい言葉が先行しがちなイメージです。 今の社会を分析したり、客観的に人を観察したり。 あたかも自分と別社会に対して物やサービス …